妊娠初期に摂らなければならない栄養素として、葉酸

妊娠初期に摂らなければならない栄養素として、葉酸

妊娠初期に摂らなければならない栄養素として、葉酸が知られています。けれども摂取不足になるよりはと、過剰に摂取するのもいろいろな副作用の症状が出てきます。食欲がなくなる、吐き気が起きる、熱が出るなど様々な副作用があってその影響は胎児にまで及ぶとされています。いくら良い作用がある栄養素だといっても、過ぎたるは及ばざるがごとしなのでどんな栄養補助食品や薬にも標準摂取量があるので、しっかり守らなければなりません。



「妊活」、それは生命の神秘を管理しようとする非常に難しいものなので必ずしもいい結果に至るとは限らないのです。


ですので、途中でやめてしまう方も多くいるのですが、残念なことだと言えます。成功確率は上昇していると言えますからそう深く考えないで、時間をかけて継続するといいでしょう。子どもが欲しいと思って妊活に取り組んだその時点から葉酸を摂取するようにする事が良いとされています。




赤ちゃんを授かる前に体内に十分な量の葉酸が蓄積されている事がお腹の中の胎児の先天性奇形の予防のためには効果があるのです。もちろん、妊娠3ヵ月頃までは続けて摂取する事が大事になってきます。ちょっとでも早く子供を授かりたくて妊活を行う時、しっかりと栄養を摂るということは欠かせません。肥満はよくないですがダイエットという考え方は一度忘れ、きちんと栄養を摂るようにしましょう。間食は栄養を摂る目的と捉え、食べ過ぎに気を付ければ、気持ちの切り替えという点でも適しているでしょう。妊娠中に葉酸が不足すると胎児に異常や障害が起こる原因となるリスクを高めてしまいます。

ことに神経管閉鎖障害という異常を招いてしまうこともあり障害が重いと無脳症になるため流産あるいは死産につながるのです。こうした神経系障害を少しでも防ぐために妊婦になったら、一日でも早く葉酸を強化して摂取するべきなのです。




妊活の一部としてヨガ、ピラティスなどを生活の一部として取り入れる事は効果的だと考えます。

なぜなら、深い呼吸法を何度も続けることで、体の免疫が強くなったり、心も安定するといった良い部分があるからです。




しかも妊娠した後でも、マタニティヨガといった形で続ける事が出来る上、この呼吸法は出産の時にも役立つと考えられています。ビタミンB群の一つである葉酸は、胃が空っぽの時に一番吸収されやすく、効率よく葉酸を摂ろうと思ったら胃に何も入っていない食間なのです。できれば、所要量を一度に摂るのではなく何時間かおいて、分けて摂る方が身体に対して良い効果があるとされています。


また、一日の中では夜寝ていると、肝臓の血流量は減少するため、寝る前に摂るのが最もおすすめの時間帯です。葉酸は妊婦に欠かせない栄養素だとあちこちで聞かれますが、葉酸を妊娠前から意識して摂ると受精率や着床率が上がるといわれているのです。



妊娠成立時はもちろんのこと、その前の着床時にも細胞分裂は活発になるため、多くの葉酸を使わなければなりません。



ですから、妊娠するまでの間にも葉酸はたくさん必要であり、もちろん胎児の発育にとっても絶対欠かせない栄養素なので、妊娠を望んだときから、授乳終了までの間、葉酸の摂取を続けることがベストだと言えます。